愛媛県松山で作陶している石田誠さんの器は、手作り感や表情のある薪窯焼成による南蛮焼締の器や、洗練されているけど何処か温かみを感じさせる砥部の磁器土でやわらかな表情のある紅毛手(こうもうで)の器を作り出す作家さん。

次回の従姉妹会で妹とお揃いでつけていきたいリボンのヘアゴムをつくる。

家具職人だった祖父が作ってくれたお重。実家にふたつあったので、ひとつを我が家へ持ち帰る。祖父が作ってくれたお重は祖父らしさが沢山詰まっているお重。

“giraffe”(ジラフ)は、カラフルな色や模様が魅力的なネクタイ専門店。

以前通っていたサロンの窓越しから、そよ風と共に目の前にキラキラと輝くプリズム光が美しすぎて心奪われたのがサンキャッチャーとの初めての出会い。

去年、試しで購入してみた100円均一セリアのLEDケーブルライト。あたたかみのあるライティングが思った以上に良く今年も大活躍。

今年は引っ越し間際でものも増やせない、でもやはり去年よりもっと我が家のクリスマスを華やかに飾りたいと思い、我が家にNORDIKA nisse(ノルディカ ニッセ)の寝ているサンタが仲間入り。