使えば使うほど愛着が湧いてくる石田誠さんの器

使えば使うほど虜になる石田誠さんの器

愛媛県松山で作陶している石田誠さんの器は、手作り感や表情のある薪窯焼成による南蛮焼締の器や、洗練されているけど何処か温かみを感じさせる砥部の磁器土でやわらかな表情のある紅毛手(こうもうで)の器を作り出す作家さん。



彼の器との出会いは前職場で数年に一度開催される器展の検品ヘルプを手伝った時のこと。検品中は一目惚れのトキメキは無かったけど、展示会開催中に器を購入しに行った際、丹精整ったフォルムと優しいハニーブラウンカラーの石田誠さんの器が目に留まる。手に取った瞬間、この器は絶対に食事を美味しく引き立ててくれる器なはず!と確信し、購入予定であった他の器をやめ、小さなサイズの石田誠さんのリム皿をお持ち帰り。



日常の料理は勿論のこと、私が日頃購入する保守的な器とも馴染み、使えば使うほどサイズ違いのハニーブラウンのリム皿も買えば良かったなあと後悔も。

都内近郊で手に入る場所を調べてみると、鎌倉の“うつわ祥見””や水道橋の“千鳥”“で個展や販売されている時があるみたい。

石田誠さんの器といつどこで出会えるか分からないけど、気長に待って足を運びたいなワクワク✨

Comments are closed.