オレンジハウスの食器

ORANGE HOUSE

1974年青山でオープンしたキッチン雑貨屋さんの草分け的存在“ORANGE HOUSE”。
調べてみると現在はもう閉店してしまったみたい。

父がオレンジハウスの物が好きだったので、我が実家には未だオレンジハウスの器が活躍。おそらく40年位は愛用されてるので、器をみると子供時代を思い出したりする愛着ある思い出の器。

結婚して家を出てから実家の食器や家具の一部を持参した際、特に幼少期使ってたなと覚えてる茶色い縁取りの器を持参。

この器で食事をするときは無意識に昔懐かしの母や父が作ってくれたメニューを盛り付けたり、毎回思い出すわけではないけど、偶にこの器で食事をすると食べながら思い出す私の幼少期。まさに私にとっての魔法の器。

何処焼きの誰々という有名作家さん作の器です!って訳では無いけど、ずっと大切に使いたい。

Comments are closed.