信楽焼大谷桃子さんのマグカップ

気がつけば虜なっている大谷桃子さんの食器

信楽焼の製陶所を夫婦で営む大谷桃子さんの作品との出会いは約10年前。友人2人が大谷桃子さんのファンであり、彼女たちの家で大谷桃子さんの食器と触れ合う機会があったのが出会いのきっかけ。

当初は可愛いなくらいの程度。しかし気がつけば温もりを感じる大谷桃子さんの作品の虜になっていた私。

私も大谷桃子さんの作品が欲しいなと思い始めても食器に対して保守的なところが抜けず、友人から色の濃い飲み物や醤油やソースなどを入れたまま長時間放置すると色が染みてしまうと聞いていたので、ズボラな私には向かないなと。

信楽焼大谷桃子さんのマグカップの上部器は諦めていたけどマグカップを手にした時に表面に絵が描かれていて中の色は光沢のあるブラウンになっている作品が多く、ズボラな私でも問題ないかもと思い、蓮の花が描かれたマグを我が家に。

信楽焼大谷桃子さんのマグカップの絵柄拡大図我が家のマグカップへと選んだものは、赤土に白い化粧泥を施しその上に蓮の花の輪郭だけが描かれた大谷桃子さんのマグカップ。主張しすぎない上品な蓮のシルエットとマグの温もりを感じさせる粉引の味わいが、フェミニンやリラックスさせてくれる。

ひとつだけ難点といえば、大谷桃子さんの食器も他の気になる作家さん同様で取扱店を探すのが極めて難しいこと。探してみると“手紙舎”にあるかんじ!?もみじ市などのイベントへは足を運んだことがあるけど、実店舗へはまだ訪れていないので都内へ完全帰省した後に是非足を運びたい。

その前に、まずは手元にある大谷桃子さんのマグカップでまーくんと一緒に今度ホットチョコレートでも飲みたいな。使うのワクワク✨

大谷製陶所
http://ootanis.com/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください