オイルサーディンの冷製パスタ

簡単おいしい!”オイルサーディンの冷製パスタ”レシピ

夏バテしそうな暑い季節。このような季節はサッパリしたものや冷たいものが食べたくなる。そういえば去年まーくんが”オイルサーディンの冷製パスタ”教えてくれたのを思い出し、久しぶりに作ってみる。

このトマトベースの”オイルサーディンの冷製パスタ”は「オイルサーディン」「みざんしょう」「大葉」が味のポイント。

ナスとトマトソースの甘さと酸味の旨味たっぷりな味はもちろんのこと、アクセントになっているオイルサーディン・みざんしょう・大葉と味のしまりが出るレモンが美味しさをさらにアップ。夏のビールや冷酒などに合う粋なパスタなので是非!


【オイルサーディンの冷製パスタレシピ】

  • ■材料(約2人分)
    ・ニンニク×半片(微塵切り:炒め用)
    ・ニンニク×半片(薄くスライス:飾り付け)
    ・鷹の爪×1本(種を抜いて5mmほどにカット)
    ・トマト×1個(角切り)
    ・なす×1本(角切り)
    ・大葉×2枚(千切り)
    ・実山椒の瓶詰orケッパー×大さじ1
    ・レモン×くし切り1切れ(身のみをカット:飾り付け)
    ・パスタ×2人分 150g
    ・パスタを茹でるための塩×適量
    ・オイルサーディーン×半缶
    ・オリーブオイル(炒め用)×適量
    ・EXバージンオリーブオイル(仕上げ用)×適量


    ■下準備
    ・野菜などの材料をカットしておく。
    ・飾り付け用にトマト・大葉・レモンを少し別皿にとっておく。
    ※レモンは全て飾り付け用です。

    ■手順
    《パスタソース》
    1.フライパンにオリーブオイル(大さじ2〜3ほど)を入れた後、微塵切りにしたニンニクと鷹の爪を入れ低温で温める。
    2.ニンニクのいい香りがしてきたら、なすを入れて揚げるように炒める。
    3.焼き色がついてきたら、トマトと実山椒(またはケッパー)を入れて炒める。
    4.トマトがしんなりして液状になってきたら、炒めていた物をバットに入れて冷蔵庫などに入れて冷ます。

    《パスタソース:飾り付け用》
    5.フライパンにオリーブオイルとスライスしたニンニクを入れ、低温で温めて仕上げ用のフライドガーリック作り別皿にとっておく。★1
    6.別皿にとっておいたトマト・大葉・レモンとEXバージンオリーブオイル小皿で和える。★2

    《パスタを茹でる》
    7.パスタを茹でる。(茹で汁に塩を適量入れ、塩味をここでしっかりとつける。)
    8.茹で上がったパスタを氷水に入れパスタをしめる。
    9.パスタをザルで水気を取ってバッドに移した後、ペーパータオルでさらに水けを拭き取る。

    《パスタを仕上げる》
    10.冷蔵庫で冷やしておいたパスタソースの中にパスタを入れ絡める。
    11.器に絡めたパスタを盛り付ける。
    12.オイルサーディーン、と飾り付け用の和えたパスタソースとフライドガーリックを飾りつける。13.仕上げのEXバージンオリーブオイルをパスタにかけて出来上がり。


    ■memo
    ・余ったソースはパンにつけるとブルスケッタになりますので是非。
    ・ソースに塩味をきかせるのではなく、パスタを茹でるときにしっかり塩を入れてパスタに塩味の下味をつけることにより、まろやかな味のパスタになります。

自宅にウニがなく近所のコンビニで手に入れたオイルサーディーンの冷製パスタなので、ウニとの相性が抜群。今度ウニでも試してみよう。

Comments are closed.