ホットアップルサイダー

秋の風物詩ホットキャラメルアップルサイダーを作ろう

肌寒くなった秋の季節に北米の街中で目に留まる飲み物”ホットアップルサイダー”は、スパイスが効いたアップルパイのような味。

日本でも味わえる場所はいくつかあるけど、知っている店舗は数えるほど。確か毎年10月頃からディーンアンドデルーカのカフェでアップルサイダーが味わえることと、他は…記憶が定かではないかも。

ホットアップルサイダーの味は、りんごと柑橘系の酸味とシナモンなどのスパイスがミックスされ身体温まるホッとする味。ふわりと湯気と一緒に出てくるスパイスのアロマがリラックスもさせてくれる。

ホットアップルサイダー単体で味わうことも好きだけど私がオススメの飲み方は、ホットアップルサイダーに甘さ控えめの生クリームとキャラメルソースをトッピングしたホットキャラメルアップルサイダー。ホットキャラメルアップルサイダーの味は、生クリームが酸味を和らげてまろやかにし、そこにほろ苦くて香ばしいキャラメルの味が加わると、まるで温かいアップルパイにアイスクリームを添えて食べているかので美味しいのです。

ホットアップルサイダーを自宅でも気軽に飲みたいので、以前教わったレシピを元にして日本で手軽に入る食材を使ったアレンジレシピでアップルサイダーをクッキング。


【ホットアップルサイダーの作り方】

  • ■材料(約4杯分)
    ・100%りんごジュース(無濾過・ストレートタイプ)
    ・りんご×1個
    ・オレンジ×1個
    ・レモン×半分(皮のみを使用)
    ・八角×1個(無くてもOK)
    ・クローブ(ホールタイプ)×3個
    ・シナモンスティック×1本
    ・シナモンパウダー×1/2
    ・すりおろしジンジャー×小さじ1/2(無くてもOKお好みで)
    ・グラニュー糖×大さじ2

    ■下準備
    ・りんごの芯と種を取り8等分にカットしクローブをりんごに刺す。※
    ・オレンジは使用する皮をカットと実の部分を1/2にカット。
    ・レモンの皮をカット。

    アップルサイダーのリンゴにクローブを刺す

    ※このようにクローブをりんごに刺す。

    ■手順
    1. 全ての材料を鍋の中に入れ沸騰させてから中弱火で10分煮込む。(鍋の蓋は開けたままです。)
    2. 八角・クローブ・シナモンスティック・オレンジとレモンの皮を鍋の外に出して出来上がり。

    アップルサイダーの作り方

    ■memo
    ・生または冷凍のクランベリーが入手できるのであればクランベリーも15粒ほど入れて煮込むと美味しさが増します。
    ・温かいホットアップルサイダーに甘さ控えめの生クリームとキャラメルソースを加えるとアップルパイにアイスを添えたような味になりとても美味しいのでオススメです。
    ・通常は煮込んだ果実を入れずに飲みますが、煮込んだ時に使用した果実を食べながら飲むのもとても美味しいです。
    ・煮込んだリンゴやオレンジを細かくカット又はピューレ状にしてヨーグルトのトッピングなどにするのもオススメです。


    【キャラメルシロップの作り方】
    ■材料(
    ★グラニュー糖×200g
    ★バニラエッセンス×2滴(無くてもOK)
    ★水×50ml
    ・熱湯×50ml
    ・生クリーム×50ml
    ・無塩バター×20g

    ■手順
    1. ★印の材料をテプロンのフライパンに入れて煮る。
    2. 飴色になってきたら火を止め、熱湯を加えてから馴染ませるように混ぜる。この時熱湯がはねたりするので、フライパンのフタなのでカラメルが飛び散らぬようにしながら作業をする。
    3.無塩バターと生クリームを入れて2〜3分ほど弱火で煮詰めて出来上がり。

友人へのおもてなしにもオススメなので是非。私も東京へ完全帰省したらキャラメルアップルサイダーのおもてなしを友人にしよう♪ワクワク✨

Comments are closed.