シェフの夫が作るホットプレートで作るパエリア

シェフの夫が作る本格パエリアを

モロッコ出身の同僚からお土産でもらったサフラン。日本では自宅で高価なサフランをふんだんに使用する機会がなかなか無いので、サフランを贅沢に使用したパエリアをまーくんにリクエストして作ってもらう。味は本格派なのに邪道かもしれないけども、いつか自分も作ってみたいなと思い、パエリアパンではなくbrunoのホットプレート使用して作って欲しいとリクエスト。



パエリアパン以外では初めて作るパエリア。作り方はパエリアパンで作るパエリアと同様、オリーブオイルをひいたホットプレートに魚介などの具材を炒め風味豊かにしたあと、鮮やかに発色したサフラン水とお米を加えて水気を飛ばしながら煮る。火加減がわからず、上手くできるかなあ?とブツブツ独り言を言ってたけども、出来上がったパエリアは見た目のみでなく味もパーフェクト。

シェフの夫がホットプレートを使って作るパエリア海老やムール貝などのシーフード、鶏肉、カラフルな野菜もふんだんに使用したまーくんメイドのパエリアは、お皿によそってもフォトジェニックでテンションが上がる。

味もサフランのエキゾチックな芳香と素材の旨みが引き出された魚介類の織り成すハーモニーがたまらなく美味しい!隠し味で細かくカットした生ハムも美味しさのポイントかな?と考え
たりもしたけど、気がつけば美味しすぎて無言で食べてる私が。(笑)

シェフの夫がホットプレートを使って作るパエリア
パエリアのもう一つの楽しみといえば、パエリアの鍋にこびりついたお焦げこと”ソカラ(socarrat)”を食べること。このお焦げの食感と香ばしさがまたやみつきになる美味しさ。美味しい〜♪

食べ始めは二人で食べきれるかな?と若干不安だったのに、美味しすぎて気がつけばペロリ完食。完食後に完食しちゃったねと2人で笑いながら話していると、食べ飽きないように味を若干薄く作ってくれてたみたい。気がつかなかった!

味付の濃さなども全てにおいて計算され尽くされたマークンメイドのパエリアは、最後の一口の時を食べる時に次回このパエリアいつ食べれるかな?と考えるほど。次回作る時はこのホットプレートで作る本格パエリアの作り方を教えてもらわないと!ワクワク


BRUNOホットプレートBRUNO ホットプレートのラインナップ >

サフラン画像  サフラン >

Comments are closed.