横須賀の軍港ツアーを楽しんだ後に、聘珍楼の飲茶を食べに行くために横浜中華街へ足を運ぶ。

我が家で子供の頃からあるメニュー“シーチキンクリームコロッケ”。

モロッコ出身の同僚からお土産でもらったサフラン。日本では自宅で高価なサフランをふんだんに使用する機会がなかなか無いので、サフランを贅沢に使用したパエリアをまーくんにリクエストして作ってもらう。

お気に入りの南インド料理専門店“ダバインディア”へ。

西麻布の路地裏にあるリストランテ”erba da nakahigashi(エルバ・ダ・ナカヒガシ)”は、京都の和食店”草喰(そうじき)なかひがし”の息子さんが営むお店。エルバ=草と父の店の名を受け継いだエルバダナカヒガシは、全ての食材が季節の草こと“野菜”が堪能できるイタリアン。

名古屋に住み始めてから名古屋で美味しいと聞いたお店へ足を運ぶとガッカリな気持ちになることが多く、外食をすることが減ってしまった我が家。

手当たり次第に気になった場所へ足を運ぶことはしてないけど、外食して「美味しい」「また行きたいね」と思った高級レストランからB級グルメのレストランとカフェをピックアップしました。

四ツ谷駅にある老舗のとんかつ屋さん”とんかつ三金”は、昭和21年創業の歴史あるお店。

夏バテしそうな暑い季節。このような季節はサッパリしたものや冷たいものが食べたくなる。そういえば去年まーくんが”オイルサーディンの冷製パスタ”教えてくれたのを思い出し、久しぶりに作ってみる。

昭和24年から続く老舗の焼き鳥屋”角屋”(かどや)は普通の焼き鳥屋さんと違いモモ肉の焼き鳥などが無く、珍しいメニューが並ぶ老舗の焼き鳥屋さん。

時々まーくんが作っる我が家のご馳走。この日はサラダをメインに!ということでグリーク風サラダを。

インドカレー屋さんへ行くと伝統的なインド料理では無いと知りつつも大好きなのでマイルドテイストなバターチキンカレーをいつもオーダーしてしまう。

時々まーくんが作ってくれるご馳走。この日のメインは”サラダ”ということでコブサラダを。

カルダモンを使ったレシピを探して目に留まったのがスリランカ料理。スパイス含め、材料を見ていると自宅にあるものばかりなので自分流にクッキング。

美味しいたらこのパスタが食べたくて、簡単に作れるのがないかな?と探して見ると。目についたレシピが”タモリ流のたらこのパスタ”。

たこ焼きのみでなく、たこ焼き器を使った変わり種の美味しそうなレシピも目にするこの頃。今回は、その中で気になったアヒージョをトライ。

トスカーナ地方の野菜や卵を塩胡椒のみのシーズニングと水で煮るシンプルやスープ料理である郷土料理をはじめて味わう。

美味しい鰻をお茶漬けにするだなんて!と、全く興味がなかったひつまぶし。名古屋に住みはじめローカルフードをちゃんと味わってみようと思い、ひつまぶしを食べに行ってみると”とても美味しい”。

大分の美味しい郷土料理”ごまだし“を使って、私オリジナルの鯛の刺身丼をクッキング。

まーくんが、”冷製のトマトパスタ”が食べたくて『オイルサーディンの冷製パスタ』をクッキング。

グリーンカレーが食べたくて、ズボラな私でも気軽に作れるレシピをまーくんから教わる。

お寿司が食べたいね!となり、我が家で手巻き寿司を♪

『中華が食べたいね』の一言で作ってくれた中華料理。

連夜、お母さんの味を食す。今日はミートソース。

何か特別な材料や手間は無いけども、やっぱり好きな母の味。

5年ぶりに渋谷のフランス郷土料理店”コンコンブル”へ足を運ぶ。

H-villageと私、各々の好きな友人同士を紹介し無事お付き合いをした。そんな2人からのー松坂牛プレゼントですき焼きを!!!

彼女に作ってほしい料理と言ったらやーっぱ…『肉じゃが』だろう!?という言葉が心に残ってたから、

新居祝いとホワイトデーのお祝いを兼ねて、おうちでキムチ鍋を! 鍋と言ったら…、冬の日本人の定番食。 しかしながら、私の実家は鍋を食べる風習なく”鍋とは?”を知らず…今更ながら”鍋とは!”を教わる。