赤福で販売される『朔日餅』(ついたちもち)は、元旦を除く毎月1日に旬な餅菓子が食べられる特別な日。

1947年の創業”銀座ウエスト”のリーフパイは子供の頃からのお気に入りのお菓子のひとつ。

苺とあんずの手作りのシロップと、シャリっとした氷のかき氷がやみつきになる”甘いっ子”のかき氷。

西麻布の路地裏にあるリストランテ”erba da nakahigashi(エルバ・ダ・ナカヒガシ)”は、京都の和食店”草喰(そうじき)なかひがし”の息子さんが営むお店。エルバ=草と父の店の名を受け継いだエルバダナカヒガシは、全ての食材が季節の草こと“野菜”が堪能できるイタリアン。

名古屋に住み始めてから名古屋で美味しいと聞いたお店へ足を運ぶとガッカリな気持ちになることが多く、外食をすることが減ってしまった我が家。

手当たり次第に気になった場所へ足を運ぶことはしてないけど、外食して「美味しい」「また行きたいね」と思った高級レストランからB級グルメのレストランとカフェをピックアップしました。

元キルフェボンのパティシエであった坂本シェフのお店à la bonne heure(アラボンヌー)のケーキは素材の味を生かしつつとても繊細で何よりも優しい味がするお店。